園長先生の部屋

  • 2019.05.01

    令和の幕開け

    20190501073907.jpg

    新元号いよいよ『令和』の幕開けです。

    平成に感謝をし、令和に乾杯を!!

    この歴史的瞬間を皆様と共に迎えられる事に大きな喜びを

    感じています。

    新たな時代を生きる子ども達の未来が平和であることを

    願いながら…。

    記憶に残る元年にして行きましょう。

     

     

     

    東別所幼稚園
    園長 高草木順子

  • 2019.01.26

    音楽会を終えて

     一人一人が合唱に、器楽演奏に、そして和太鼓に、“音楽で遊び、音楽で学び育つ”を正に実践。小さな体を燃焼させ、真剣に臨んだ最高の音楽会でした。

     

     やる気と意気込み、そして日頃の感謝の思いをあらん限りのパフォーマンスで伝え、大きなステージ一杯 輝きを放つ子ども達の限りない可能性を目の当たりに『教育は情熱』、『愛情に優る教育力なし』そう実感せずにはいられません。

     

      温かく見守り沢山の拍手で応援して下さった御来場の皆様、事前準備から当日の片付けまで職員と共に働いて下さった本部を始めとする音楽会・学級役員の皆様の御協力があってこその大成功・・・やはり、東別所幼稚園ファミリーは最高!!

     

     幼児期だからこそ、深い愛情を注ぎ、互いに手を携え育てていく事の大切さを再認識した思いです。多くの方々に支えられ、正に2019年の幕開けに相応しい最高な音楽会になりました事に深く感謝し、心よりお礼申し上げます。

     

    ありがとうございました

     

    東別所幼稚園

    園長 髙草木順子

  • 2018.12.22

    今年も残すところ僅か

     今年も、素敵な出会いでスタートした2018年。更なる子ども達の夢の実現と教育充実に向けて園舎増築も着々と進んでいます。

     パピー組さんの存在は、幼稚園に新たな息吹を吹き込み、思いやり、労わり、慈しみの心が園全体に満ち溢れ、可愛い姿に温かい空気が漂い心癒される日々でした。

     年少うさぎ組さんは、無邪気でわんぱくで本当に可愛い成長をみせてくれ、思わず頬がゆるみます。初めての社会、初めての経験ばかり。集団生活を通し、やって良い事、悪い事の分別もつきはじめ、お兄さん、お姉さんを真似ながら挑戦している姿にも、一人一人に心の大きな育ちが感じられます。

     年中ぱんだ組さんは、皆で考え一緒に答えを出し合いながら、善悪の判断や友達を大切にする優しさを沢山学んで大きくなりましたね。うさぎ組の時には、自分探しに夢中でしたが、一年大きくなるとお友達探しに目を向けて、友達の輪も大きくなりました。そして、お互いの心のお部屋を覗きながら、相手を思いやる弾力的な考えが生まれてきた様に感じます。いよいよ来年は一番大きなぞう組さん、きっと一人一人の力を十二分に発揮してくれる事でしょう。今度は、今までぞう組さんから受けた愛情を思いきり伝えていく番です。新ぞう組さん、幼稚園のリーダーとしてお願いしますね。

     そして、幼稚園最年長のぞう組さんは、『やれば出来る!出来るところまで頑張る!』『いっぱい遊んでしっかり学ぶ』沢山の経験を通し東別所幼稚園を実感できた一年だったと思います。悩んだ数だけ大きくなって、頑張った分だけ結果が出ましたね。84名 素晴らしい成長を見せてくれた年長組です。来年は一年生。自信の翼を背中にしっかりつける日が来ることを今から待ち遠しい思いです。

      来る年の幕開けの行事は、なかよし音楽会。子ども達の元気で明るい勢いある一年を照らすに相応しい一日になる事でしょう。どうぞ楽しみにしていて下さい。2019年も子ども達のやる気と努力、そして飛びきりの笑顔に負けない素晴らしい年になります事を願いながら・・・。来年も元気に幕開けしましょう。

     

          保護者の皆様一人一人の温かい声援に

                       心より感謝申し上げます。

                  ありがとうございました。

     

    東別所幼稚園

    園長 髙草木順子

  • 2018.11.21

    感謝・・・

    20181121092707.jpg

    実行委員会が発足されてから一年・・・

    幼稚園の為にと、自ら名乗り出て下さった保護者の皆様の熱量を

    実行委員会開催の度に感じておりました。

    一人一人が真剣に向き合い、課題を丁寧に審議している表情は親のあるべき姿として、

    何度子ども達に見せたいと思った事でしょう。

    白熱した内容の濃い全てが一人一人の子ども達の事を考えての発案に

    心底HBKの本質を見せられた思いが致します。

    そして、慎重に審議された案が実現に向けて着々と進み・・・

    正にHBK有志が生み出す空気感の凄さを感じた瞬間でした。

    『協力したい』『役に立ちたい』還元したい』

    日頃の幼稚園に対する熱い思いが形になり結果となったバザーだと確信しております。

    実行委員の皆さん、本部の皆さん、そして会員が一丸となるイベント!!

    保護者と園とが織りなす最高の教育力であると園長として思います。

    真剣になれば相手も真剣になれる。熱く語れば熱く返してくれるもの。

    こうあってほしいですし、又、こんな人間に育てていきたいです。

    バザー前日より、体調を崩し会場には出向く事は出来ませんでしたが、

    職員より逐一報告が入り、離れていてもその和やかな空気や活気が伝わって参りました。

    『幼児期は環境の教育』

    HBKは最高の教育環境であることが、ここでまた一つ立証された様に思います。

    先日の年長組の参観では、今の子ども達の姿をそのまま見てもらいたい!!

    初めての試みに不安を抱きながらの保育でしたが、

    三人の担任は、自信を持って途中経過を見て頂けたようで、

    親の私が心配していただけだったのでしょう・・・

    保護者の皆様が絶賛され、我園の教育に賛同し、良いと思う保護者の視点の凄さに、

    園長として安堵したものです。

    音楽会、そして一年のまとめでもある三学期・・・

    保護者の方々の園に懸ける期待と信頼をしっかり形にして参ります。

    インフルエンザが出始めました。

    体調管理に充分気を付け、元気に登園して下さい。

    実行委員会第一回企画『バザー』大成功!!おめでとうございました。

    教育環境充実の為、大切に使わせて頂きます。

    御尽力頂きました事に、又、沢山の愛情を注いで下さった事に・・・

    謹んで感謝申し上げます。ありがとうございました。

    園長 髙草木順子

  • 2018.06.15

    アジサイの美しい季節

     アジサイの美しい季節となりました。庭の花壇、そして幼稚園ファームに苗植えをしたナス、トマト、落花生も日に日に大きく育ち、収穫の日が今からとても楽しみです。HBKファームでは、学年毎にジャガイモ掘りもはじまり、梅雨の晴れ間が待ち遠しい子ども達です。持ち帰った際には、腕によりをかけ、美味しいお料理お願いしますね。

    年長、年中の火・木早朝スポーツチャレンジの人気も高く、次々に目標をクリアし目を輝かせている子ども達。鉄棒・縄跳び・跳び箱への興味関心も広がり、室内外で年長児が年少・年中にお手本を示し、又、補助しながら挑戦している縦割り保育の姿に頼もしささえ感じます。

     

     園内は、満3歳児2名も加わり、穏やかな空気の流れの中にも笑顔溢れ少しずつの心の成長がうかがえます。又、ついこの間入園したと思った年少さんも、年長組のお兄さんお姉さんに優しくエスコートされ、靴やカバンの片づけ、トイレの使い方など身の回りの事を教えてもらったり、遊具の使い方や遊びのルールも日々学び、余裕の表情も生まれて参りました。今では、席に座ってお話が聞け、順番を待つことやお約束も守れ、食事も上手にとれる様になりました。集団生活の持つ意義の大切さを子どもの成長を通して実感出来ます。

     

     良い事も悪い事もどんどん吸収して行く幼児期。集団生活の中で培われる事も沢山ありますが、我が子は、親の胸の中で温めながら人の道を教えて行くものだと思っています。社会が変わっても、人の思いは、教育の真髄は、変わってはいけない。人が人としてしっかり生きて行くための基盤を培って行く上にも、今向き合わなければ何時向き合えるか?疑問に思ったりします。

    しっかり抱いて 降ろして 歩かせる。 

    その時期を間違わないようにしたいですね。今は、初めての社会・初めての集団生活の中、ヨチヨチ歩きの我が子を温かく見守りながら、幼児期で伸びる芽を大切に育み、社会への不安を上手くサポートしてあげることが何よりも親としての使命ではないでしょうか。人として育てて行く最大な環境は今ですね。

    気付いた時からがスタート!!焦らず急がす

    皆一緒に大きくなりましょう。

     

    東別所幼稚園

    園長 髙草木順子

  • 2016.11.01

    紅葉の季節

     山々の初冠雪便りも届きはじめ、朝夕の空気も一段と冷え込みを増し、季節の流れを実感します。例年、インフルエンザに悩まされる乾燥した寒い時期を目前に、幼稚園では、除菌・ウィルス抑制加湿器を稼働し、手洗い・うがいの励行に努めています。御家庭でも風邪対策を考えている事と思いますが、呉々も体調管理には気を付け、“休まず登園”を目標にしましょう。

     

     先日、入園から100日記念日をお兄さんお姉さんからお祝いしてもらった年少組さん、そして、昨年から大きな成長をとげた年少・年中組さんの秋の遠足も無事終了。友達の輪も広がり、笑顔一杯の一日になりました。そして、実りの秋、学年毎にさつま芋掘りを実施しています。HBKファームでは、落花生の収穫も済みました。大根も日々土の中で育ち、又、かき菜の葉も勢い良く空に向かって伸びています。楽しく遊び学んでいる英語参観も学年毎に実施予定。クラスのまとまりや一人一人の心の躍動感など、目に映る園生活や子ども達の表情を沢山ご覧頂ける様な企画をしております。

     

     今は、音楽会に向けて準備期間、各学年 皆さんに披露できる日を心待ちにしながら、少しずつ練習を開始致しました。更に、基本的な生活も見直し、進級進学に向けて一日一日を充実させて参ります。発見・感動そして達成感・・・五感を通して実感する全てが新鮮に、きっと心の栄養として感じられる事でしょう。

     

     火曜・木曜チャレンジでは、縄跳びの様々なとび方に挑戦、鉄棒での逆上がり、連続逆上がり、跳び箱等、回を重ねる毎に、どんどん成果が出ています。今後も、更に新たな目標に向かい体を鍛えています。やはり、幼児期は環境が教育そのもの。友達が頑張っている姿を見ながら、自分も努力し、目標を達成させる近道を覚えていく所なのでしょう。指導より教育より何より大きな意味を持つ集団が幼稚園なのです。苦手や得意と決めつける事なく、頑張れた自分を沢山誉めてあげたいですね。又、お友達への優しい心も芽生えてきている今、一緒に笑って考えて寄り添って・・・互いに通い合った素敵な感情を大切に、人として心豊かに育んで行きたいと思っております。

     

    東別所幼稚園

    園長 髙草木順子

  • 2016.02.05

    暦の上では春

     立春も過ぎ、花壇の水仙の芽も伸び始め、少しずつ春の気配を感ずる季節となりました。暖冬から一気に雪舞い降りる極寒の日々・・・ジェットコースターの様に目まぐるしく変わる温度差に、体がついていくのが大変な今日この頃です。

     思いもよらぬインフルエンザの流行により、やむなく子ども達の一年間の生活の集大成でもある生活発表会を延期、スペシャルステージを中止とさせて頂きました。長い幼稚園の歴史の中でも、初めての経験、心痛む苦渋の決断です。

     2月3日の節分には、子ども達も元気に豆まきをし、鬼を追い払い、福を招き入れました。子ども達一人の欠席者もなく全員揃って気持ちも新たに、一人一人の成長を見て頂ける事を楽しみに発表会に備えます。どうぞ、子ども達のやる気、元気、意気込みを舞台の上で思う存分発揮出来るその日を楽しみにしていて下さい。今日から又心機一転、園外保育や楽しい活動を主に思い出作りをしながら進級進学に向け1日1日を充実させて参ります。

     保護者の皆様には、引き続き体調管理に努め、元気に登園出来ます様 心のサポートも重ねてお願い申し上げます。

    東別所幼稚園

    園長 髙草木順子

1 2